DIVERSITY 性別も国籍も関係なく、
イキイキと働ける職場へ。

豊田バンモップス(TVMK)では、性別や国籍などに関係なく、それぞれの多様性を受け入れた組織づくりを行うことで、社員一人ひとりが自由に活躍できる風土を醸成してきました。すでに当社では、多くの外国人が様々な職域で活躍しているほか、女性社員の提案によって産休復職後の時短勤務期間が延長されるなど、「働き方改革ワーキンググループ」が中心となり、これからも様々な改善・改革を進めていきます。

女性として
「こんな職場がウレシイ♪」が
すぐに実現する会社。 山本弥生
営業部 2008年入社
物質応用化学学科卒

私は食品メーカーからTVMKに転職しました。開発を経験し、今は営業部付で社長秘書を担当しています。入社直後に結婚したため、「子どもが3人ほしいこと」「出産後も働き続けたいこと」を上司に素直に相談したんです。会社としてサポートすると言っていただき、とても心強く思いました。その後、産休を3回取得して復帰し、現在はフルタイムで勤務していますが、保育園の閉園に間に合うように早く帰らせていただいたり、子どもが熱を出したときは1週間のお休みをいただいたり、職場のみなさんのおかげで仕事と出産・子育てを両立しています。最近では時短勤務の期間が3歳から小学3年生までに延長されるなど、ますます働きやすい職場になったと思います。

女性として
ベトナム人として、
TVMKを選んで良かった。 グエンティ・ゴック
生産管理部 2017年入社
経済学部大学院卒

私は、先進国である日本で成功したいと思い、ベトナムから来日しました。日本を選んだのは、ベトナムの周辺国の中で最も発展している国だから。私は、2012年に開設されたTVMKのベトナム現地法人と本社の調整や橋渡しを担当しており、他にも6名のベトナム人が働いています。TVMKの魅力は、性別や国籍に関係なく、別け隔てなく接してもらえることです。現在、私は育休中で、延長すれば子どもが2歳になるまで取得できます。出産でお休みする前、職場の上司や先輩から「ゴックさんが帰ってくるのを待ってるね!」と声をかけていただきました。その気持ちが本当に嬉しかったです。TVMKは、誰にでも優しく、働きやすい会社だと思います。

pagetop